呼ばれて飛び出て ジャジャジャジャーン(古くてゴメン!)

召喚獣イワタ参上!!!!松田さん今助けるからね!!!!

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑召喚獣イワタは「すべらない話」の魔法を唱えた宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

anyhowでは社員旅行でラスベガスに行った事があります。社会情勢などで中止になった事もありましたが過去に3回ラスベガスに行っています。その度に数々のハプニングが・・・・・・・・・・・・・・・。今回はその1つです。

初めて行った年。ラスベガスに着いたanyhow御一行はラスベガスにあるファーストフード店で腹ごしらいをしようという事になりました。店内に入りスタッフ一人一人が順番に注文していきます。イワタは英語が苦手です。ドキドキしながら並んでいました。だって店員さんみんなアメリカ人ですよ~(当たり前)

ふと前の方で注文している外人さんを見ると「NO・・・」とイワタにも分かるような番号で注文しています。

そうですカウンターの上のメニュー表にはマックのバリューセットのようなセットメニューに番号が付いてるんです。ハンバーガーハンバーガーハンバーガーハンバーガー やったーこれなら俺にも出来る・・・・・・・・・・・・

簡単じゃん。。。どのセットにしようかな~~~~。

そんな事を考えているうちにどんどん順番は回ってきます。イワタの前には現在もanyhowで大活躍中の「N氏」です。何番のセットを頼むのかなー

さっそうとカウンターの前へ歩いて行くN氏

「2番!!」

drfgygふじこlp;@;:「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え・・・・・思いっきり日本語です。

その後すぐに「ツー」と言い直すN氏。堂々としています。さすがです。

そしてついにイワタの番です。ありったけの外人気分で言いました。

イワタ   「ナンバースリーィーー」

店員   「ナンバーシックス???」

ddtfgふhじこlp;@@;:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通じてません。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もうこうなったらジェスチャーです。カウンター上のメニューを指さし

イワタ   「スリーィー」  「スリーィー」  「スリーィー」

店員   「オゥー スリーィー」

やっと通じました。

冷や汗だらだらでした。これを読んでくれているみなさんもアメリカをなめてはいけません。

召喚獣イワタの「すべらない話」でした。それでは次に召喚するのは・・・・・・・

っていうか召喚の魔法使えません。しょうがないので恒例のサイコロを

コロコロコロコロコロ

出ました「ニイジマ」

root店の新島君はりきっていきましょう。