はじめに【シリコン】とは?
人工の高分子ポリマーのこと。髪を油膜でコーティングし
髪の指通りをよくする働きがあります。
多くのシャンプーやトリートメントに配合されています。

【ノンシリコン】は髪に優しい?
【ノンシリコンシャンプー】や【ノンシリコントリートメント】は
無添加で髪に良いというイメージがありますが
実際は、シリコン以外の低分子性カチオン界面活性剤などの人工コーティング剤が配合されていることも多いのです。
つまり、【ノンシリコン】といっても、シリコンの代表である
ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランなどが
入っていないだけで、
ポリクオタニウムのような半合成ポリマーや、
ヒドロキシプロピルトリモ二ウム等、
シリコンの代わりになるような合成界面活性剤が配合されていることもあるのです。
これではとても無添加で安心のトリートメントとはいえませんよね。
そもそも、シリコンは髪や頭皮にそれほど問題はないという説もあります。
学術的にも、シリコンが髪や頭皮に悪いという論文は今のところ発表されておらず、
むしろ、シリコンが髪のダメージによるキューティクルの【剥離防止に有効】であるという論文が出ているくらいです。
シリコンには、毛髪同士の摩擦を減らしたり、
ドライヤーの熱から髪を守ってくれたり、
広がりやすい髪をしっとりまとめたりしてくれるというメリットもあるのです。

特にノンシリコンシャンプー
しかし、シリコンは髪や頭皮につきやすいところがあるので、
特にシリコンが多く配合されているシャンプーの洗い流しが不十分だった場合には、
頭皮に残りやすくなってしまいます。
シリコンシャンプーやトリートメントを使った場合には、
よく洗い流す必要はあるでしょう。
髪と頭皮に蓄積されてしまうと、パーマがかかりにくくなることもあるといわれています。

よって、トリートメント選びで気をつけなければならないのは、
シリコンが入っていないことよりも、その他の低分子性カチオン界面活性剤などの、
他のコーティング剤が配合されているかどうかにあるといえるのです。

【ノンシリコンシャンプー】や【ノンシリコントリートメント】にこだわる必要はなく自分にあった【シャンプー】【トリーメント】をみつけることが大切ですね!
http://anyhowbeautymarket.com/345.html