朝起きてビックリ!
どうしても言う事を聞いてくれない強情な寝ぐせ!おかげで爆発した頭で出勤することに・・・

どうしたらこんなクセがついてしまうのか、本人も驚く程酷い日があります。
そんな時に役立つ(anyhowの寝ぐせの直し方講座)です。

【なぜ寝ぐせがつくのか?】

寝癖は眠っている間に髪が水分を含んでいる状態だった場合
時間の経過と共に自然乾燥する事で、考えられないほど不思議な形でクセがついてしまいます。

多くの寝癖に悩んでいる方は、お風呂上りに髪を乾かさずに眠る方が多いのです。
タオルドライをしただけの髪には、多くの水分が残っていますので寝癖が付きやすくなってしまいます。
また眠っている間に汗をかき寝グセがつく場合もあります。

さらに寝癖には個人差があり、枕のポジションによって寝癖の付く場所が変わってきます。
【寝癖が付きやすい髪質は?】

クセ毛で髪が太い方は寝ぐせが付きやすいと言えます。
また5cm~15cm位の髪の長さの方は寝グセが直りにくい長さで、苦労されている方も多いのではないでしょうか。特に男性の方!

【anyhowの寝癖の直し方講座】
男性の方も同様に!

本題に入ります。
皆様を悩ませる寝ぐせ、これを直すにはちょっとしたコツがあります。

まず寝ぐせ対策!
これは髪を【乾かして】寝る事が最良の対策となります。

それでも寝ぐせが付いてしまったら!
髪の【根元】を湿らせます。
そしてクセを直したい方向に髪を寝かせて、ドライヤーで乾かします。
約1~2分で元通りとなりますのでお試し下さい。

髪全体を濡らすのが一番いいのですが
【根元】を湿らせるだけでかなり落ち着きます!

まとめると!
充分に乾かしてからねる
それでも付いてしまった寝癖には根元をしっかりぬらす
ぜひ!お試しくださいませ!^ ^